ポリイミドフィルム プラズマ処理 密着

ポリイミドフィルムをプラズマで
親水化と密着性改善 

素材を分子から改質
 
  

ポリイミド (英: polyimide) とは、繰り返し単位にイミド結合を含む高分子の総称であり、通常は芳香族化合物が直接イミド結合で連結された芳香族ポリイミドを指す。芳香族ポリイミドは芳香族と芳香族がイミド結合を介して共役構造を持つために剛直で強固な分子構造を持つうえ、イミド結合が強い分子間力を持つためにすべての高分子中で最高レベルの高い熱的、機械的、化学的性質を持つ。
化学的構造は古くから知られていたが、工業的に実用化されたのは1965年、米国のデュポン社がポリイミドフィルムの商品名カプトン(英語版)を上市したのが最初である。ウィキペディアから引用。
 
とまぁ、最強と言ってよいほど耐熱、機械的、化学適正が優れている分、異物となる分子を寄せ付けない訳で、そこでプラズマの出番というわけです。
 

プラズマ処理してみましょう

 
「親水化とは、材料の表面に水がなじみやすくなる現象です。普通の材料の表面に水を垂らすと、表面張力により水滴になりますがこの水滴をあらゆる工法で馴染ませる処理を親水化」とあります。MSRではプラズマ処理を使ったPPポリプロピレン親水化を得意としています。
 
どうやって計るのかといいますと 一般的に濡れ性能を計る濡れ試薬というのが販売されていますが、
濡れ試薬では測りきれない数値になるので純水の接触角で確認します。
接触角 プラズマで
  
図のとおり、通常 材料の表面の 接触角 度はこのとおりです。
 
接触角 が大きいと言う事は 材料になじみ難い つまりは相手側の材料とも馴染まないということになり 接着に大きく作用します。これらを親水化と呼びます。
 
◎◎◎◎◎◎
 
  
プラズマ処理

 
 

 
 

プラズマ後の接触角

 
 
プラズマ処理をすると図のとおり、変化し始めます。
接触角が低い→親水化。  LinkIcon接触角については
 
1回で変化するものは比較的イージーで数回処理したりパワーを上げたり、混合活性ガスを投入したりとその材料に合った処理方法を探究します。
A4サイズならいつでも無料!でサンプル致しますのでお気軽にお申し付けください。
味見試作

 
◎mmaru ◎◎
 
◎金属箔 から 樹脂フィルムを
  大気圧・窒素ガス・アルゴンガス・ヘリウムガス・混合ガス・低真空まで
  材種を問わず業務委託・受託でのプラズマ処理はお任せください
 
  ’’接触角を自在に調整します’’
 

最薄6μ
最大幅2600㎜
ロールtoロール
プラズマ処理 メカニズム
未来素材のお手伝い! 粉末の改質から始まるモノづくりの革新! 
プラズマサークル
 
[実績]
 
シリカ
アルミナ
シリコン
セラミック
PVC
 

 ポリイミド粉末やフィルムを表面だけで無く
薄膜から厚膜まで頑固なポリイミドの表面をプラズマビームで叩きます!
官能状態、親水化してこれまでにない密着性を実現します。
最大幅2500mm
 
 
 

親水化・濡れ性改善
MSRプラズマの強み
プラズマ洗浄
無料サンプル
素材革命
ダイン数調整
密着・接着力アップ
有効期間
プラズマいろいろ
接合
プラズマラミネート
コロナ処理、プラズマ処理違い