多孔質フィルムをプラズマで親水化処理

多孔質フィルムをプラズマで親水化

img20210405211440405982.png img20210405211440405982.png

表面を伝って内部の奥まで改質する

 よく聞かれます 内部まで親水処理可能ですか?

どうして可能なのですか?

多孔質の孔の表面はそもそも繋がっている。とのことから内部まで処理が可能ということです。ご存知の方が多いと思いますがプラズマとは物質の第4の状態。個体、液体、気体、更に小さくなるその次の状態です。詳しくはこちら
ということから多孔質フィルムやシートに存在する孔よりももっともっと小さい電子が迷路を駆けめぐるごとく処理されていると考えられたらわかりやすいと思います。
 
薄膜の多孔質フィルム、ファイバーから厚めの不織布。表面だけではなく、内部の表面隅々までダイレクトプラズマで3D処理(親水化)していきます。 

最近では

多孔質膜に塗工液体を含侵、浸透させるための親水化や毛細管現象の向上などの効果が期待されており、お客様から評価いただいております。
 

ロールtoロール

セパレーターやフィルター関係などでも益々活躍されると期待しています。処理可能幅は最大2500mmまで対応可能、厚みも9μmの実績があります。ガス種や条件も材料にマッチングしたものを選定し処理させていただきます。

機能膜へと変貌

多孔質フィルムの表面積や設計されたランダム配列、サイズが創り出す可能性はまだ解明されたばかりで密着能率を上げて更なる機能膜とする際、単体機能だけの限界を越えるには立体的な表面処理が必要と考えます。
2,005年から始めた実験から多孔質をはじめ不織布などの3D素材に最適な条件を見出し親水化に成功。 我々の蓄積技術はガス種、電源、電極形状に至るまで様々で材料や厚みを選びません。お気軽に問合せください。

未来素材のお手伝い! プラズマ処理でいろいろと革新! 
プラズマ処で出来ること

フィルム表面処理
金属箔の油膜洗浄と密着向上
粉体粉末の改質

 
[実績]
 アルミ箔
銅箔
ポリイミド
ポリエステル
ポリプロピレン
フッ素
ゴム
シリカ
アルミナ
シリコン
セラミック
PVC
 
プラズマ処理 メカニズム

粉末粉体の表面処理にも力を入れています

親水化・濡れ性改善
MSRプラズマの強み
プラズマ洗浄
無料サンプル
素材革命
ダイン数調整
密着・接着力アップ
有効期間
プラズマいろいろ
接合
プラズマラミネート
コロナ処理、プラズマ処理違い